REn-COn ~茨城のチーム医療にbreakthrough~
茨城県立医療大学の学生団体「REn-COn」は大学の枠を超えた学びを通していろいろなことを吸収し発信することを目的としています。全国医学生ゼミナール(医ゼミ)にも参加しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます!看護1年の兼岡丈巳です。今回は医療大で6月25日、26日に行われた分科会祭りについて書かせていただきます。

今回はREn-COnから4名、わかめの会から2名が分科会を出してくれました。

一日目は「人間工学」、「様々な演技から考える医療」、「コミュニケーション術」、「自然の素晴らしさ、恐ろしさ」、二日目は「スヌーズレン」、「コーチングスキル」のテーマで発表していただきました。私はこの中から、「様々な演技から考える医療」、「自然の素晴らしさ、恐ろしさ」、「スヌーズレン」を聞きに行きました。どのテーマも多くのことを学ぶことができ、密度の濃い時間を過ごすことができました。
1467515357468 - コピー

1日目の夜はロッジにて交流会が行われました。他大学の1年生やREn-COnの先輩方と交流を深めることができました!とても楽しいひとときでした!
1467515389033 (3)


今回分科会祭りに参加して、私も分科会を作ってみたいなと感じています。また、医療大で分科会祭りを開催するにあたって準備を進めていた先輩方の姿を見て多くを学ぶことができたように思います。

分科会祭り、参加してよかったです!ありがとうございました!
1467515399118 (3)

スポンサーサイト
こんばんは!
看護学科1年の藤井です( ˆ ˆ )


8月15日~18日に開催された第58回全国医学生ゼミナールin千葉に参加してきました!
REn-COnからは全準に15名が参加し、本番の4日間には約30名が参加しました!
こちらが全準の様子です!


今年のメインテーマは「咲かせよう医療の未来」
メイン企画では原澤先生の講演会があり、”医療”や”人々の健康”という視点から、これからの日本の社会をお話していただきました。
そして今年は戦後70年を迎えたということで、平和企画が行われました。8クラスに分かれ座談会形式で、戦争体験者の方々からお話を聞き、意見交流をしました。
1日目・2日目・3日目には、分科会形式講演会、学生による分科会が行われ、参加者は自ら学びたい分野を選び、講演を聞きに行きました。

4日目にはオムニバス企画発表がありました。REn-COnからはゆいまーる先輩、みゆっきー先輩、たいせーくんが、「戦争と障害~戦後70年の歩みから生きづらさを考える~」をテーマに掲げ、茨城で行なわれたポスト医ゼミ、プレ医ゼミの学びから発表しました。REn-COnの良さも伝わる素晴らしい発表でした(﹡ˆ ˆ﹡)


交流会も学年別、地域別で行なわれ、全国のたくさんの医療系学生と交流することができ、とても楽しかったです ( ˆωˆ )

Tシャツ紹介も、体を張って頑張ってくれた皆さん…お疲れさまでした!笑


Tシャツは大好評で、あっという間に売り切ることができました( ˆỏˆ )!


この4日間で、多くのことを学び、考えることができました。また、たくさんの医療系学生とお話しすることは、とても良い刺激となりました。

また、現地実行委員として全準に参加し、医ゼミを作り上げる先輩方の姿を間近で見ることができました。少しでも医ゼミの運営に携わることもでき、貴重な経験をすることができたと思います。

私は全準も医ゼミも初参加で緊張や不安もありましたが、先輩方のお陰で、楽しむことができました!
ありがとうございました!!

来年もぜひ参加したいと思います!


みなさん、こんにちは!
看護学科1年の池田です(^^)

今回は、10月11日(土)に行った「分科会まつり」について書かせていただきます。
分科会まつりは、こもんさんの無茶ぶりで、1年生も分科会を作ってみよう!みんなで学びあおう!ということで、企画されました(笑)

実際、準備は大変でした・・・
メンバーとなかなか予定が合わず集まれなかったり、調べたことをどうまとめたらいいのか悩んだり、パワーポイントで苦戦したり!!

でも、みんな当日にはなんとかまとめ終え、良い発表ができました!きっと!笑


最初は、私たちのグループからです!
テーマは「音楽療法」
音楽療法や、人と音楽の身近な関わりについて発表しました。
CIMG3964.jpg


2つ目は、 「認知症と地域生活」
富山型デイサービス「にぎやか」の紹介をしてくれました!
医療者や子供や高齢者が一緒になって楽しむケアがあること知り、いいなと思いました!
SGDでは、認知症の方にどうやって接したら良いのか、みんなで考えることができました。
ninntisyou.jpg


3つ目は、 「人工知能」
人工知能がどのような場所で活躍しているのか知ることができました!
人工知能の良い面、悪い面を、考え学ぶことができました。
zinnkoutinou.jpg


4つ目は、 「メディアリテラシー」
集団的自衛権についての記事をいくつか読み比べてみて、その違いに驚きました!
たくさんある情報の中から、必要な情報を引き出し、真偽を見極め、活用していきたいです。
ML2.jpg


5つ目は、 「特攻と医療大」
医療大のある場所は昔、パイロットを養成する場所で、そこから戦争に行き命を失った人がいたことを知りました。
命や生きるということについて考えさせられる分科会でした。




分科会まつりが終わったあとは、交流会をしました!
みんなでワイワイできて、とても楽しかったです♪

kouryukai.jpg


こんにちは(・∀・)
知らないうちに今回のHot Spring医ゼミに参加することになっていた1年作業療法学科の福與です(笑) こ○んさんに巻き込まれて僕の地元である長野県に行ってきました。まあ実家には帰れませんでしたが…

今回のテーマは”子供と癒し”でした!企画としては、分科会、温泉企画、交流会、講演会などがありました。

spring医ゼミ④

分科会ではパワーポイントを使用した、わかりやすくて見やすいスライドの作り方を教えていただきました!他には○も○さんが実際に音を使い、音クイズをやりました。結構難しかったです( ;∀;)  これから先、認知症になる人が増えていく中でラジオを使って認知症を予防できるのではないかなど熱く語っておられました。好評でしたよ(‘ω’)


温泉企画では、7か所の温泉を各自1つずつ選び入浴してきました!移動の疲れが吹っ飛びました(゚∀゚) 
交流会では、みんなでお菓子を食べたり、ジュースを飲んだりしながら他校の学生さんとおしゃべりをして楽しく過ごしました!

講演会では、胡桃薫先生にお越しいただき、「不適切な養育を受けた子供たちを救うために」をテーマとして講演していただきました。人間はやはり愛情を受けて育っていかなければ
ならないものだということを教えていただきました。
 SGDでは、胡桃先生の講演会の感想や、精神状態が不安定な人に今の私たちは何ができるのかなどを話し合いました。

 他大学、他職種の学生との交流ができて良かったです。

spring医ゼミ②


最後そば食べて帰りました!おいしかったです ( *´艸`)
soring医ゼミ⑤





こんにちは!
看護1年の久保、櫻井、永井です。
今回5月10.11に山梨で行われた、三県合同新歓に参加してきました。
REn-COn、梨っこ、パンダの会、長野、群馬からの参加がありました。

1日目
・学習企画(学生企画)
・ワールドカフェ
・ワークショップ
・交流会

2日目
・レクリエーション
・山梨観光

1日目の学習企画では、今回は「寄り添いって何だろう」というテーマで先輩方が発表してくださり、その後のワールドカフェでは寄り添われる人を設定し、私達がその人に対してどう寄り添っていくべきか話し合いました。
またワークショップでは、他己紹介を行い、良いコミュニケーションの場となりました。
さらに交流会では、お菓子を囲み先輩後輩関係なく、親しく楽しく話すことができました。

border0


2日目は、橋渡しとしっぽとりというゲームで交流を深めました。
その後は舞鶴城を見学し、山梨名物ほうとうを食べました(^^)



感想
色んな先輩方と話し合いをすることで、多くの意見を吸収し自分の意見を深めることができました。
また、交流会やレクリエーションを通じて他県の友達を作ることができました。
とても充実した2日間でした( ´ ▽ ` )ノ


ど―――も!!!!!!!!こんばんわ!!!たっつ~こと村上竜彦です
更新ご無沙汰ですいません。
さてさて今回書かせていただく活動内容は……..
1月25日、26日に


ポスト医ゼミin茨城2014


ボランティアってなんだろう


~被災地支援へ向かうにあたって~

Presented by REn-COn

なんとなんと初めての茨城でのプレ医ゼミをREn-COnが企画し、運営しました!!!


~一日目~


講演会は

緑川大介医師 「災害医療を通じてのコミュニケーション技法
~受容と共感のプロを目指して~」


緑川先生は東日本大震災の際、福島県いわき市へ被災地支援にすぐに向かい、精神科医として心のケアを行うことで多くの方々に寄り添い被災地を支えてこられた経験から災害医療を通じてのコミュニケーション技法、そして今求められる被災地支援・ボランティアについてお話いただきました。
  災害の起きた現地ではどのような状況であったか、そこで何を感じ、どのように対処していったか、どのようなニーズがあるのか、重要なこととはなんなのか水面下で災害医療に携わった先生の言葉には重みがありました。
本当の気持ちを聞くには人間の心の中の「恕」が邪魔をする。真の傾聴と受容、共感が求められている。そして、ボランティアには無害のさりげなさが重要であることなどなど…を学び、そして考えさせられました。
また、先生が何度も繰り返す言葉の中に“Not doing but being”(医療者である前に一人の人間)という言葉、学生時代学んだ技術や知識、コミュニケーション能力は無駄にならないという言葉は深く胸に刺さりました。



SGDでは一年生が初のチューターを務め、議論を交わしました。
頼もしくなったもんだなーーー。何様(笑)
tonton1111.jpg


そして、夜は交流会!!!!!!
先生にも参加していただき、途中からREn-COnのOBの方々の飛び入り参加や四年生の先輩方の参加もあり、わいわいがやがや楽しく交流することができました!!!
私も参加するきっかけバス茨城の代表であるかのちゃんとも交流することもできました!

tonton2222.jpg



~二日目~



水越、顧問、やまじゅんさん、れいにゃんの分科会!
なんとREn-COnの一年生が二人も初の分科会!いやーーーー素晴らしい!見事にこなしていました。
どの分科会も学びの深いものになりました。


反省会も行い今後の課題や改善点なども多々みつかり、次に生かすことに。



本当に楽しく、学びの多い二日間でした!



今回は
REn-COnのマザー ゆず
最後までチョコたっぷり こしけん
SNSの黒帯 いけりゅー
冷静沈着さっばさっば わにわに
オールラウンダー えな
パワポの達人 あかつ
親父ギャグに挑戦中 顧問
なんで僕には妹がいないんだぁ~~~ ダル
新しいあだ名募集中 ジャル
ふわふわなイラストレイター れいにゃん
いかす昭和の風 あっちゃん
そして・・・眠れる獅子たっつー!!!オレ(笑)
この個性豊かなメンバーがプレ医ゼミという一つの目標にそれぞれのできることを最大限にやったことで成功できたものだと思います。ありがとう。盛大な拍手をしてあげてください。
そして、企画をささえてくれた やまじゅんさん、いつも元気をくださり、見守ってくれてくれている四年生の先輩方、遠くからきてくださった全国の医ゼミストのみなさん、そしてOBの方々本当にありがとうございました。

これからもっともっとREn-COnは成長していきます。温かい目で見守っていて下さい。

長くなりましたが、この辺でさよならです!また会いましょう!!!!

tonton3333.jpg

tonton4444.jpg

プロフィール

renconipu

Author:renconipu
まさにレンコンです。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。