REn-COn ~茨城のチーム医療にbreakthrough~
茨城県立医療大学の学生団体「REn-COn」は大学の枠を超えた学びを通していろいろなことを吸収し発信することを目的としています。全国医学生ゼミナール(医ゼミ)にも参加しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんばんは!
久しぶりにブログを書くにへーです♪


今日の定例会の活動報告をします!


参加者は、なな・めぐちゃん・なかむー・かれん・にへーの5人と、
ここ最近では少ない人数でしたが、
茨城の医療について深く考えて意見交換をすることができました*
みんな感想メーリスありがとう(^-^)ノ
6277



《出身地の医療(前回発表できなかった分)》

ななの出身地である茨城県笠間市は、病院数は少ないけれど病床数は全国平均を大きく上回るし、医師・歯科医師・薬剤師は少ないけれど、看護師・保健師・准看護師数も全国平均を大きく上回ることを報告してくれました。数が多ければいいのではなく、その地域の需要にあった施設数・人員をということでした。
なかむーの出身地である茨城県常陸太田市には産婦人科が一件しかありません。
常陸太田市医師会報告では、
1万人あたりの医療機関数が42件と全国783市町村中770位、
1万人あたりの医師数が6.8人と全国783市町村中751位であり、医療が充実しているとは言えず、高齢者が多い地域としても有名なだけに将来貢献したいと言っていました。



《茨城の医療 第4段》

5人それぞれが担当の地域、
水戸・つくば・ひたちなか・筑西・鹿行
について調査状況を報告しました。
ともも土浦ありがとう!

しかし、私達が調べられる情報から、医療大のみんなに何を伝えられるのか・・・。
今日参加できなかったメンバーも悩んでいたかもしれないですね;;

まず、一次、二次、三次救急ってあるけど、ちょっとみんな流していた定義でよく理解していないメンバーがほとんどでした。お餅をのどに詰まらせたら一次?脳梗塞なら二次?その境界線や、それに加え、緊急外来、緊急病院、救急指定病院って何がちがうのか。知らないままにしていたことがたくさんありました。比較的軽傷を扱う一次救急を行っている病院は、ほとんどの市町村にあるにもかかわらず、“とりあえず大きな病院に行けばいい”のような考えから、二次、三次救急を扱う病院に負担が集中してしまっている地域もあるようです。

そこで!私達が伝えたいのは・・・
〔茨城の救急医療機関を上手に使おう〕
と言うことだと気付きました。
病院数は思っていたより少なくないし、
二次、三次救急病院が増えればいいというわけではないような気がします。

これからまとめる項目と狙いです

①一次、二次、三次救急の区分〔区分班〕
 →119?病院に電話?コントロールシステム?もう病院行っちゃう?
②救急を扱う病院マップ〔マップ班〕
 →近くの一次救急病院の存在を知らせる
  地図で見るとこんなに偏っている
  病院がない地域はどこに運ばれるのか
③救急にまつわるエピソード〔エピソード班〕
    →搬送が間に合わなかった事例
     連携をとり協力し合う地域
     新たな医療機関の増設 
     茨城では特に多い脳疾患  などにも目を向けてもらう
④(おまけ)みんなの憧れ!ドクターヘリ&ドクターカー〔乗り物班〕
    →メッセージ性は見いだせませんでしたがみんな好きだと思う
と言うことで勝手に班分けをしました。
区分班―――→なな、宝塚、ハルミーヌ
マップ班――→とも、なかむー
エピソード班→にへー、小町、かれん
乗り物班――→めぐちゃん、あかね
です。


来週7月4日(月)の定例会では
とにかく作業!!!!!
①マップ班
→保健所ごとに救急を扱う病院の名前・区分を報告をもとに、
 なかむーが集約して位置を確認してくれます
 4日は2人で地図に起こしてください
②区分班
→あらかじめそれぞれの区分の定義、代表疾患例など話し合って決定しておき書くだけにしておく
③エピソード班
→あらかじめたくさんの事例を集めてメッセージ性の強いものを選抜しておき書くだけにしておく
④乗り物班
→茨城にドクターヘリ・カーが何台ありどこからどこにいくのか真実を調べかくだけにしておく


なので、前回自分の担当保健所が割り振られた人は、管轄内の
救急病院の名前と区分(一次、二次、三次)を調べ、
7月1日(金)までに直接orメールでなかむーに報告

してください!!

内容の濃いブログになってしまいましたが不明な点は聞いてください!

前期の活動も残すところ あと2回!!
茨城の救急医療がんばりましょう!!
スポンサーサイト
こんにちは!!
最近、REn-COnに入ったNS2年の井坂恵です。
今回は初めてみんなの話し合いに加わりましたが、とても勉強になりました♪
いろんなことを皆で考える機会があることはいいですね!!

さて、さっそく今回の定例会では、なかむーが新聞記事を持ってきて説明してくれました。
『日本の財政と将来について考える』というテーマで考えをまとめた資料まで用意してくれました!!
2010年の日本の国債依存度は48%に上り、
日本の財政はなんと「歳入:国債=1:1」という他の先進国ではありえない状況に陥ってます。
また、東日本大震災の影響も今年は予測されます。2010年度の国の借金は、924兆円。
これは国民一人あたり722万円という計算です。
そして消費税率アップに賛成か反対かなどなど討論になりました。
消費税率が上がっても国はそのお金を本当に私たちのために使ってくれるのか・・・
しかし、このままでは未来の子どもたちにツケをまわしてしまうため、今責任を負うべき・・
などなど、さまざまな意見が出されました♪
また、他国での消費税についてもなかむーが説明してくれました♪
イギリスやアイルランドでは一律で同率の税率で課税するのではなく、
生活必需品(洋服、トイレットペーパ)とそうでないものとを
わけて課税しているそうです。

消費税の話など今メディアでも放送されていますが、
日本の財政は私たちの生活に直結していくものです。
これを機会にもっと深めていきましょう!!


次に、茨城の医療について皆が調べてきてくれたものを発表しました!
地域によって病院の数が異なるため、
病院の少ない地域では周りの市にある病院と連携している市町村が多く見受けられました♪
また、産婦人科が不足している地域が多くあり、
今のママたちは一体どこで子どもを生んでいるの気になるところです。
救急医療については、救急車がいても病院が決まらないため、
すぐに病院に向かうことができないなどの問題を抱えている地域もあるようです。
今、自分がもしここで倒れたら、どこの病院に連れてかれるのだろう・・・
などなど、すごく気になるところです。

そこで、前期のまとめは救急医療についてまとめていくことになりました!!
次回は、各メンバーが担当した地域の救病院について
調べてきたことの報告と新聞企画です!!

それでは、また来週!!
620






先週のハルミーヌにひき続き、REn-COnブログ初挑戦になります!
看護学科2年新妻茜です(*^_^*)♪
今週はいろいろと忙しくて、更新遅れてごめんなさいぃぃ。


さて!今回の定例会は、
①宝塚による新聞学習会
②名古屋に旅立つ(避難する?)ジャーマネによるメディアリテラシーのプレゼン

でした!!!

新聞学習会では、
”せっかく集まる会合でただ聴くだけではなく自分から発信する力もトレーニングして行こう”
ということで初の試みになったけど、今後交代でやっていけたらイイネ!とのことです☆

で、宝塚が持ってきてくれた新聞記事は、
『美容で女性に笑顔を』
被災地で女性に美容をお届けするボランティアのことで、
美容と医療を結び付けての討論が弾みましたね!

もう一つの内容は、
『風力発電訴訟 上告棄却』
つくば市の小中学校に設置した新しい風力発電の風車がうまく作動せず、市が開発した早稲田を訴えた
ものの、つくば市7割、早稲田3割の結果に。
この時代だからこそクリーンなエネルギーが必要、やっぱり原子力はないと無理なのか、
などなど・・・こちらも激しい討論になりました!(^^)!
変えたいって思うのに大きな問題すぎて自分の無力さを痛感しました。


そして次に、くつなさんによるお話♪
信じるものと信じないものを挙げ、メディアリテラシーに関する映像を見て・・・
とにかく盛り沢山な内容でした!
今の福島原発の情報もテレビ局等のメディアは東電の不利なことは言えないわけだから、入ってこない本当の情報・誤った情報はたくさんあるというように、メディアはかならずしも信じられないのだ!!

ざっくりまとめると、
メディアに振り回されるのではなく
メディアを活かす人間になる

ということを学びました!!

そして今回で最後になるジャーマネ・くつなさんに、
代表あやこから感謝状が渡されました!

613


くつなさんには本当にたくさんのことを教えていただいたと思います(/_;)
今年こそお医者さんになれるように、名古屋で勉強がんばってください!(笑)
レンコン一同応援しています(^^)/~~~

そんな感じで(?)今回の定例会の報告をおわりにします!!
内容が盛りだくさんだったのに省略しすぎてごめんなさい(:_;)


来週の定例会では、将来有望のナカムーが新聞記事を持ってきてくれるとか!?
次回もたのしみに~♪

こんにちわ!初カキです!
看護2年北垣晴美です!
噂のハルミーヌです(笑)
昨日のチェコ戦見に行って
テンション高いです\(^o^)/笑

報告遅くなってしまって
すみません(´*ω*`)

6月6日の定例会の活動内容は
1、REn-COnポスター作成
2、茨城の医療について知る

ポスター作り進みましたね♪
これを見て新メンバーが入ることを
期待しています(*´ω`*)!


posuta




茨城の医療については
忽那さんがスライドを使って
講義してくれました(^ω^)

<茨城の医療事情>

医師数は47都道府県中
45位。
小児科では医師数
ワースト1位。
外来患者が多いのに
医療者が少ない。
毎年新卒の医療者が
8千人いるのに医師不足‥

事例では、
2007年15人の常勤医が9人に減。
年間7億円の赤字
500床もあった大病院が
内科全滅。

お隣のひたちなか市では
人口が15、5960なのに
救急病院が0。
などなど‥

それから日本の医療について
病院の経営状況や
国の医療に対する政策にも
少し触れました。

個人的な感想ですが、
この講義を聞いていて
茨城の医療が思っている以上に
危ないという事実を知り
驚くばかりでした

茨城の医療について統計から
医療者不足ということは
みんな知っていると思いますが
それがどのような問題を
引き起こしているのかなど
実際の知らない部分を聞けて、
もっとこの事実を医療大生に
知ってほしいと思ったし、
レンコンで茨城の医療を
少しでも変えられることが
できたらいいなと感じました。

これからの時代を担う
わたしたちが行動しなければ
もっと茨城はやばいですよね!
安易な考えだと思うけど、
学生だからできること
あるかもしれない!みんなで
考えてみましょ~(´・_・`)!

長い割に内容浅いし
よくわからないと思いますが
初めてなので許してください

それではまた来週
お会いしましょ~\(^o^)/
こんばんは!
にへーです!


今日の活動についてはハルミーヌが記事を書いてくれる予定なのでお楽しみに♥


次回の活動の告知です★


①メディアリテラシーbyジャーマネ
②新聞学習会by宝塚
③茨城学習会part3

という感じです!


来週の活動が最後となるジャーマネから自らも出演し桜井君と共演をはたした「NEWSZERO」や宝塚の持ち寄った新聞を元にこれから自分たちで情報収集をしていかなくてはならない状況で何に注意しなければならないのかをREn-COnに残して行ってくださいます!
みなさんお聴き逃しなく!!


また、茨城学習会part3では、REn-COnメンバーの故郷の医療の現状を一人ずつ2~3分で発表してもらいます!
なので事前に統計データを自分なりに探してみてきてください!
たとえば私なら、故郷である桜川市には病院が何件あって、何科が不足していて、つくば市や笠間市、お隣栃木県の病院を利用している割合はどのくらいなのかなどが気になるので是非調べたいですね~
和歌山県や群馬県、青森県など県外出身のメンバーは出身県の医療状況を調べてきてもらえると茨城との良い比較対象になり盛り上がると思います!
うまく調べられるかはわかりませんが、みなさんも自分の故郷ではどのような医療が展開されているのかできる範囲で構わないので是非調べてきてください!


こんな感じでよろしいでしょうか?


それでは次回!
6月13日(月)18:10から
図書館2階ゼミ室でお会いしましょう!


にへーでした♪

プロフィール

renconipu

Author:renconipu
まさにレンコンです。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。