REn-COn ~茨城のチーム医療にbreakthrough~
茨城県立医療大学の学生団体「REn-COn」は大学の枠を超えた学びを通していろいろなことを吸収し発信することを目的としています。全国医学生ゼミナール(医ゼミ)にも参加しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!夏休みいかがお過ごしですか?なみです( ~っ~)/♪

一人フラフラとドライブしてきた、大子の袋田の滝よりお送りします(`∇´ゞ

忘れないうちに、簡単に岐阜の思い出を。

自分は去年の春から医ゼミに参加したため、夏の本番は2回目、全準からの参加は初めてでした。

とはいえ全準も滑り込みで行ったため、講演会もなく、自分で決めたお仕事を指示通りに動くというなんとも言えないものでした(-o-;)直前ということで、みんなばたばたしてたしね。
宿も宿で、おれたちのQOLはどこ行った!?(笑)っていう環境でした。

ここまで読むと不満しかないですね。では行かなきゃよかった医ゼミなのか、と考えると…

そんなわけないっしょ\(^ー^)/

たとえ歯車のような仕事しかできなかったとしても、これだけ大規模な学生イベントを作り上げられるものは、そうそうないんじゃないでしょうか?そんなイベントに参加できただけでも大きな経験です。

それくらい一人一人のパワーを感じ、出会ったすべての学生を尊敬し、オレってなんなんだ?ってくらい頭があがりませんでした。
こんな中で自分にできることって何だ?と悩みながら、ただがむしゃらにできることを探し続けた一週間でした。

そんなこんなで、気づけば茨城に戻ってきています。嵐のような不思議な時間を岐阜で過ごしました。リアルに台風なら来ましたが(^_^;)

また、『小森』の劣悪な環境の中で生まれた男の友情は、普通の宿では決して生まれえないもので。
一つ屋根の下、男ども約30名。きっとあらゆる菌への耐性がついたと思います(笑)

小森のみなさん、本当にお世話になりました。僕はいろんな意味で、強くなれたと感じています( ̄∀ ̄)

こうやって振り返ると、この夏で、自分は人間として、ほんのちょっとだけでも、大きくなれたんじゃないかなぁ、と錯覚しております。

この夏を生かすか殺すかは、今後の自分しだい。そりゃ生かしたいよね?おれ、がんばんないとね?

そんな感じで、この医ゼミに参加した、すべての方への感謝に変えて。
自分のモチベーションである医ゼミの感想でした。




なが(°□°;)


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

renconipu

Author:renconipu
まさにレンコンです。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。