FC2ブログ
REn-COn ~茨城のチーム医療にbreakthrough~
茨城県立医療大学の学生団体「REn-COn」は大学の枠を超えた学びを通していろいろなことを吸収し発信することを目的としています。全国医学生ゼミナール(医ゼミ)にも参加しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。

前回に引き続きこしけんです。


9月22~23日に千葉県の旭市の震災ボランティアに参加させていただきました。

REn-COnからは僕だけの参加です。


知らない人もいると思うので「旭市ってどんなとこ?」にまずお答えします。





東日本大震災で多くの犠牲者を出した東北と比べると被害は小さいものの、津波による被害で死者がでた旭市は「忘れられた被災地」と言われています。

そのため、政府の手当は疎かになりがちです。

また、仮設住宅にランダムに配置された被災者は、新しい生活環境に順応できずにストレスを抱えるなどの問題を抱えています。

そこで、このボランティアではビンゴ大会などのイベントを催して、被災者同士のコミュニティづくりを支援します。



僕は今回のボランティアで1日目に将棋大会、2日目に被災者の方の声を聞かせていただく「聞き込み」を行いました。

以下は感想です。






1日目~将棋大会

なんでボランティアなのに将棋大会なのか・・・
前を読んでもらえばわかると思いますが、これは「被災者のコミュニティづくり」が最大の目的です。

なので、まずは全仮設住宅にイベントの「呼び込み」をしました。
実際来てもらえたのはおいちゃんおばちゃんが7人くらい?少年たちが2人?でした。
やっぱり参加したくない人もいるみたいです。
来なかった人たちにもお菓子を配るとか、呼びかけだけで終わらないようにすればよかったと反省しています。

けれど、おいちゃんと将棋をやっていて、「ここはこうだろー」とか散々ないじられようでしたが、
何より被災者の方が笑顔になってもらえることは嬉しいです。
ボランティアに来て良かったと感じる瞬間でした。

 


2日目~聞き込み調査

指揮してもらったおじさんはじめ、たくさんの方にお世話になりました。

「私服を着て、靴を履いたままベッドに寝る」と、津波の光景が今でも忘れられないとおっしゃっていました。


その方も本来ならば海から離れた安全な土地に引っ越したいと考えると思います。
実際、僕たちのような若者や働き盛りの中年なら行動に移せますが、高齢者の場合は違うらしいです。
まず、その家に愛着があって、新しい家に引っ越してもノイローゼになってしまう。
だから、危険を割り切って家に住みなおしているのかもしれません。



「津波の直後、ヘドロ除去の手伝いをしてくれたボランティアの方々には感謝しきれない」


改めて、急性ボランティアの重要性を感じました。
しかし、急性ボランティアは情報量が少なく、本当にボランティアを必要とする地域を特定しにくいです。
ボランティア人員を正しく配置する役割が必要だと感じます。




「今になって体調がすぐれなくなってきた」



そろそろ環境に慣れてきたのかな?と思っていたので意外でした。
ボランティアが少なくなってきた実情として、このような現地の声が届いていないことが原因として挙げられます。
まだまだボランティアが必要な現状を理解して、被災者のニーズに合ったアクションを起こすべきだと感じます。





被災地に行くことも、被災者の話を聞くことも初めてで、すっごい勉強になりました。
現地に行かないとわからないことは絶対あります。
被災地に行ったことのないかた、ぜひ一度行ってください。









最後に旭で撮った一枚の写真です。

CIMG0620 (640x480)


一見ただの草むらですが、真ん中に立っているのはポストです。
もともとここは家が建っていたんですね。
下手すると見逃しそうなくらいですが、ミクロ視点で見るとまだ爪痕が残っていました。
ここに住んでいた人は今どこにいるのだろうかを考えると、旭もまだまだボランティアが必要だと思います。

旭のボランティアは定期的にやっているそうです。
このブログで1人でも旭に行きたいと思う人がいてもらえば幸いです。









というわけで、以上旭市ボランティアの感想でした!

10月1日はREn-COn定例会ですよ~

忘れずに参加しましょうね!

ではでは(^_^)/~
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

renconipu

Author:renconipu
まさにレンコンです。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。