REn-COn ~茨城のチーム医療にbreakthrough~
茨城県立医療大学の学生団体「REn-COn」は大学の枠を超えた学びを通していろいろなことを吸収し発信することを目的としています。全国医学生ゼミナール(医ゼミ)にも参加しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは(*^o^*)
作業療法学科1年の大西と尾久です!

4/18.19に東京大学で行われたスプリング医ゼミ2015に参加してきたので更新します(^-^)
REn-COnからは1年生6人、2年生6人、3年生2人が参加しました。


1日目
・開会式
・医ゼミの紹介、講師の紹介
・講演会(講師 秋山正子先生)
・SGD
・分科会①
・交流会

2日目
・分科会②
・閉会式

講演会では、秋山正子先生に訪問看護についてのお話をしていただきました。日本では高齢化が進んでおり、病院死が一般化しています。訪問看護では、病気の早期発見や早期対応がしやすく、患者さんを地縁の中で看取ることができます。また、看護師だけが関わるのではなく、地域の医療機関やケースワーカーなどの多くの方が関わっているため、連携が大切になってきます。
だからチーム医療を重視している医療大で学び、私たちも地域の中で活躍していきたいです。
私たちが特に魅力を感じたのは「暮らしの保健室」です。すぐに病院に頼るのではなく、気軽に相談できる場所が住み慣れた地域にあるのは安心できるため、更に普及していくべきだと感じました。そのためにもまずは暮らしの保健室について知ることが必要だと思いました。


SGDでは、自分の意見を皆に上手く伝えられるか不安でしたが、先輩方がフォローして下さり、有意義な時間を過ごすことができました。多くの人の意見を聞くことは大事なことだと思いました。

分科会では様々な発表を聞き、皆で一緒に問題について考えることができました。ちなみに1日目は、尾久は「産みたい命 産めない理由」、大西は「人の意見を聞くこと・幅広い視野と考え方−ジェンダー問題から考える−」に参加しました。2日目は2人とも「58年の歴史から医ゼミを考える」に参加しました。




交流会では他大学・他学科の人と先輩後輩関係なく交流を深めることができました。

初めての参加でしたが、同じ医療現場で活躍することを志す方達と話しながら、楽しく学ぶことができる良い機会になりました。また今後も、医ゼミを通して多くの人と関わりながら、医療について学びを深めていきたいです。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

renconipu

Author:renconipu
まさにレンコンです。

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。